窓辺を彩るカーテンには機能性もあるのです。

カーテンにはいろいろな機能があります。外からの視線を遮るにはレースのカーテンが有効だということはだれもが知るところです。それだけでなく、遮光性のあるカーテンを使えば、外からの光や明かりを遮って快適な眠りを助けてもくれます。カーテンが必要なところは窓です。窓は明かりや風を採り入れてくれのはだれもが知っていますが、窓からは冷房のレイキが逃げてしまったり、暖房の暖気を逃してしまったりする一面もあるのです。結露をしたり、冬場の窓際がヒヤヒヤするのはそのためです。夏の激しい西日や直射日光も窓から入ります。それで部屋の温度が上がってしまうのです。全てが窓が原因ではありませんが、窓が家の中で外気と通じる近道であることは間違いありません。

その窓に彩りを与え、そして機能性ももたらしてくれるのがカーテンです。先に触れた遮光性などは非常に視覚的にもわかりやすいのですが、断熱性などにも寄与することもあるのです。夏の暑い直射日光を遮るために、よしずを窓辺に立てかけたり、ゴーヤなどのツルのある植物でグリーンカーテンにしたりしますが、カーテンにも同じような効果があるのです。家の外側で遮断するか、室内側で遮断するかの違いはあります。当然ながら外側で遮断する方が効果が大きいのですが、そうできない場合などはカーテンでの遮熱が効果的です。同じようなことは冬でも言えるのです。外気の通り道である窓を上手にカーテンで仕切れば、それだけでもエコに一歩近づきます。何よりもカーテンの特徴である「付け替え」「豊富な色」「豊富なデザイン」が手軽に選べ、交換できるのが魅力です。窓はちょっとやそっとでは交換できませんが、カーテンならば色も選べますし、何よりも簡単に自分で交換ができます。

室内のイメージに合わせ、四季に合わせて選び、そして交換することが可能なのです。そこが一番の魅力でしょう。手軽で簡単にイメージチェンジと機能性をチェンジできるモノは、家の中ではなかなかありません。カーテンは広げれば免責も大きいですから、イメージを変える効果は非常に大きいのです。無難な色だけでなく、春先には思い切って大胆な色にチェンジしてみたりすると部屋の雰囲気はグッと変わります。照明の当たり具合を考えたり、窓からの光の透過具合を考えたりしながらのカーテン選びは本当に楽しいものです。部屋ごと、東西南北ごとにイメージを変えても楽しいかもしれません。カーテンには本当に様々な機能と楽しみ方があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*