カーテンは2つ重ねることがオススメ

私は今、ワンルームのアパートで1人暮らしをしているのですが、この部屋の中には、私のこだわりがたくさん詰め込まれています。そのうちの1つがカーテンです。この部屋には、1つだけ大きな窓があるのですが、その唯一の窓を活かすために、こだわりのポイントを抑えてカーテンを選びました。そのポイントとは、光の入り方を調節し、部屋の明るさと雰囲気を変えることのできるようにするということです。これには、1つの窓に対して、2枚のカーテンを重ねるという方法を使って行います。まず始めに、カーテンレールは2本取り付けて、2枚のカーテンを引くことのできるようにセットします。

そして取り付けるカーテンの色や模様選びですが、これは作りたい部屋のイメージによって変わってくるものの、抑えるべきポイントがあります。それは、生地の厚いカーテンと、反対に生地の薄いカーテンを1枚ずつ選ぶということです。例えば、1枚目に光の通さない程度の柄物のカーテンを選んだ場合、2枚目にはそれと反対に、光を多めに通すことのできるレース状のカーテンなどを選ぶと良いでしょう。これを2枚重ねてカーテンレールに取り付ける場合、部屋側には厚いカーテンを、窓側には薄いカーテンを引きます。

すると、2枚ともカーテンを閉じた場合には、完全に外からの光をシャットアウトすることができ、手前の厚いカーテンのみを開けると、内側のレースのカーテンによって、光を取り込みながらも眩しすぎることはありません。また、大いに光を部屋に取り込みたい場合には、もちろん両方のカーテンを開けることによって可能になります。このように、生地の厚さの違う2枚のカーテンを取り付けることで、部屋の明るさを調節することができるのです。これに加えて、より部屋に明るいイメージを持たせたい場合には、オレンジ色や黄色のカーテンを。また、落ち着いてシックなイメージを持たせたい場合には、ダークブルーやグレーを選ぶと、その雰囲気を作り出すことができると思います。私の部屋は、こういったカーテンを使い方をすることで、自分の好みインテリアを作ることができています。これこそ、私のカーテンのオススメの引き方であり、皆さんにも利用していただきたいです。とにかくポイントは、生地の厚さの違う2つのカーテンを重ねることにあり、これさえ抑えることができれば、自分の好きなインテリアコーディネートに仕上げることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*